不感症とは? | セックスの重要性!ビバクリームでアツい夜を!

不感症とは?

黄色い薬が溢れている

ビバクリームがあれば不感症をも克服できるかもしれません。ですが、根本的な解決のためにその原因を知っておくようにしましょう。

不感症というのは興奮してオーガニズムを得られない状態や、それが弱い状態のことをいいます。経験がすくないうちは、感じにくかったりすることもあるのですが、そうでもないのに感じないとなると不感症の疑いがあります。じつはこの原因はいくつもあり、さらにいうなら女性だけのせいではない、男性の理解も必要なものだといえます。ですので、感じない…好きじゃなくなったのかも!?などと揉めている男女はちょっと落ち着いて考えていきましょう。
原因のひとつに冷え性というのもあります。冷え性は寒さで血管が収縮してしまいうまく血液がまわらないことをいいます。当然あそこにも血液が十分に回らないと感度が落ちたり濡れが少なかったりしてしまいます。そうならないように、冷え性の改善というのも視野にいれておきたいところ。さらには、精神的なストレスがあっても感じにくく濡れにくくなります。たとえば男性に不安や不満がある場合、それが気になってしまってセックスどころじゃないわという状態です。
ここは男性にも理解してもらいたいところ。浮気したけどもう終わったし謝ったじゃん!と男性は言うかもしれませんが、理屈と心は別です。傷ついた心はすぐには治りません。そういった理解もして貰えるようにしたいですね。

改善途中もビバクリームがあれば無理なくセックスが出来ます。利用して改善への道を楽にしましょう。